探偵事務所 選び方

浮気調査を依頼する探偵事務所選びでチェックすべき5つのポイント!

女性 安心

 

夫が本当に浮気をしているのか確かめたい。でも探偵事務所はどこに依頼すればいいのか、広告を見ても決めることができない・・・。どうやって探偵事務所を選べばいいのかわからない、あなたのために、浮気調査を依頼する探偵事務所の選び方、さらに悪質な探偵事務所の見分け方ををまとめました。

 

公安委員会への届出があり事務所を構える探偵事務所を選ぶ!

探偵事務所

探偵業を営むには探偵業法に基づき、公安委員会(警察署)へ届出する義務があります。しかし、届出をしないで探偵事務所の看板を掲げて営業している探偵事務所も存在します。法律で定められた届出をしていないということは、過去に違法な調査をして行政処分となり、営業停止や営業廃止となっている可能性が高いです。

 

届出しないで探偵業務を行うことは違法ですし、悪質な探偵事務所である可能性が極めて高いです。このような探偵事務所に浮気調査を依頼するのは絶対に止めましょう。届出がある探偵事務所であるかを確かめるためには、HPに「探偵業認定番号」の記載があるか、実際に探偵事務所へ相談に行ったとき「探偵業届出証明書」があるかしっかり確認しましょう。

 

公安委員会への届出をした探偵事務所でも、個人営業の探偵は自宅を事務所にしていた場合、連絡先を「電話代行サービス」や「転送電話」を使っていることがあります。調査を依頼してから緊急の連絡の必要があったり、調査終了後にトラブルがあった場合に本当の所在地がわからないと連絡が取れなくなり、不都合なことが起きるもしれません。その点、拠点となる事務所を構えている探偵事務所なら確実な所在地と連絡先がありますので安心です。

 

浮気調査には多額の費用が掛かります。安心して浮気調査をまかせられる信頼こそが探偵事務所を選びの重要なポイントとなります。少しでも不安要素があるなら、そういった探偵事務所を選ぶことは止めましょう。

調査料金など重要事項の説明がない探偵事務所と契約しない!

契約

浮気調査の内容は調査対象者の状況がそれぞれ異なるので調査費用も各々違ってきます。また浮気調査は複数の探偵(調査員)がチームを組んで長時間の尾行と張り込みを行いますので、1日の調査費用が8〜15万円が相場となっていて、どうしても高額な費用が掛かってしまいます。

 

このように浮気調査の費用は高額ですので、探偵業法では契約を結ぶ際の注意事項が詳細に定められています。契約書に調査料金や契約解除に関する事項の明記があり、探偵事務所は契約前に重要な事項について依頼者に説明する義務があります。

 

契約を結ぶ前には、支払うべき調査料金の範囲でどのような調査を行うのか、追加費用が掛かる場合は事前に説明があり承諾後に追加調査をするのか、追加調査はどのような場合に必要となるのかなど、きちんと説明を求め、疑問や不安を解消してから契約を結びましょう。

 

探偵事務所は依頼者に対して説明義務があります。優良探偵事務所でしたら説明を回避したり、あいまいな回答しかしないで契約を結ぶよう求めることは絶対にありません。説明義務を守らないことは法令義務違反となりますので、このような探偵事務所は悪質な探偵事務所です。

 

浮気調査では人には言えないプライバシーを明かして調査を依頼することになります。だからこそ信頼できる探偵事務所でなければ安心して浮気調査を依頼することができません。法令義務を守れない探偵事務所はとても信頼できません。依頼したい探偵事務所がきちんと説明義務を果たすのか、しっかりと確認を取りましょう。

不安な心につけ込み契約を迫る探偵事務所に依頼しない!

悪質探偵事務所

探偵事務所に浮気調査を依頼するときは、ただでさえ夫の浮気で動揺していますので平常心ではいられないものです。そういった弱い心をつけ込んで、以下のように契約を迫る探偵事務所も残念ながら存在します。

 

「今すぐ浮気調査を始めないと浮気の証拠が見つけられなくなってしまう」
「このままでは浮気が続いてしまうので家族が壊れてしまう」
「浮気の証拠がなかったら慰謝料を取れないし、財産分与も受けられず、無一文で離婚されてしまう」

 

人の闇の部分を見続けることで人の心にたやすくつけ込む手練手管に長けている探偵もいます。不安を殊更にあおり立て契約を迫る悪質な探偵事務所に浮気調査を依頼することは絶対に避けましょう。

 

優良探偵事務所でしたら、相談員など専門のスタッフが悩みを真摯に聞いて、相談内容や予算に合わせて最善の解決ができるよう導いてくれます。

 

また、他社を貶めて自社が優れていることをアピールすることで、契約を求める探偵事務所もあります。浮気調査に自信がある探偵事務所であれば、他社を貶めるようなことを言って契約を迫ることはありません。他社を貶めることを言う探偵事務所は調査能力が低い確率が可能性が高いです。

 

探偵事務所に相談するときは、切羽詰まっているので一刻も早く悩みを解決したい、探偵事務所を早く決めてしまいたいと思うことでしょう。だからこそ平常時よりも冷静になって、強引に契約を迫る探偵事務所に浮気調査を依頼してはいけません。

違法行為を勧める探偵事務所に依頼しない!

違法行為

浮気調査で調査対象者の動向を調べるために、盗聴器を仕掛ける行為は違法となります。また探偵事務所が「浮気相手と別れさせる」「浮気相手に復讐する」といった行為を請け負うことも違法です。他にも「浮気相手から慰謝料が取れるので、そこから調査費用に充てればいい」と提案することも違法となります。

 

このような違法行為を請け負うことを公言し勧めたり、違法行為を行う可能性を感じたら、その探偵事務所と浮気調査を依頼することは止めましょう。。

 

違法行為によって調査することは、探偵業法違反だけでなく、民法上の強迫行為につながる可能性があります。最悪の場合、違法行為をした探偵事務所だけでなく、依頼者も犯罪行為に荷担したとして罰せられることもあります。

 

違法行為を勧めたり、違法行為を感じさせる探偵事務所は悪質です。そのような探偵事務所は契約をしても、きちんとした調査をせずに当たり障りのない報告だけで調査期間を引き延ばして、さらに調査費用をせしめようとする可能性が極めて高いです。

 

違法行為に巻き込まれないために、さらにきちんとした浮気調査が行われるよう、信頼できる探偵事務所かどうか、もれなく確認することが重要になります。

浮気調査後のアフターフォローが万全の探偵事務所を選ぶ!

探偵事務所 相談

浮気調査で夫の浮気が判明しても、それで終わりではありません。むしろそこからがスタートになります。

 

夫婦関係の修復、復縁を望むのであれば浮気を解消させなければいけません。浮気相手に慰謝料を請求するなら、交渉や手続きが必要となります。離婚を請求する場合は、調停や裁判などの法的手続きが必要となることもあります。

 

このように浮気調査が終わってからが本番と言っていいほどですし、すべてのことを個人で行うのは限界があります。調停や裁判を法的手続きを行うにしても専門知識が必要です。

 

優良探偵事務所でしたら、調査後の先を見据えたアフターフォローを万全の形で用意しています。夫婦間の問題は心のケアが必要となることが多いですが、認定資格である「夫婦カウンセラー」が在籍している探偵事務所でしたら、夫婦関係の修復・復縁に向けてサポートします。

 

慰謝料請求や離婚調停・裁判となる場合は、離婚裁判に強い弁護士を紹介し、裁判をサポートします。

 

浮気調査はもちろんですが、調査後も依頼者が望む解決を得られるよう、最後までサポートするのが優良探偵事務所です。

 

浮気調査だけではなく、夫の浮気と夫婦の悩みを解消し、最も望むべき解決ができるようサポートしてくれる探偵事務所を選びましょう。

 

追伸
平穏な生活を送っているときに探偵と関わることはありません。しかし、探偵に依頼しなければいけない状況になれば、悩みを抱えた不安な状態になっている中で、人には言えない秘密を告白し調査を依頼しなければなりません。

 

だからこそ、信頼して浮気調査を依頼できる探偵事務所を選ぶために、1社だけの相談で即決するのはやめましょう。複数の探偵事務所に無料相談をして、最も信頼できると確信した探偵事務所に依頼しましょう。

 

優良探偵事務所選び

厳選!優良探偵事務所特集ページへ